永遠の意匠・御所解模様、現代に甦る
京友禅のシンボル的な文様形式である「御所解模様」を現代の女性に美しく装っていただきたいという願いを実現するために、秀逸した京の技術者を集めて、
新しいブランド「御所かずき」として発表しました。


江戸時代の中期以後、公家や大名、武家の女性など
上流階級から生まれ磨き抜かれた「
御所解模様は、
日本の”花鳥風月”をイメージする最も優れたデザインであり、日本女性の心でもあります。


「御所かずき」というブランド名で多くの女性に喜んで着ていただけるステータスきものを創作してまいります。


(左模様は「御所かずき」訪問着の上前部分)
御所どき模様とは

 茶屋辻模様から、風景模様と取合模様(附間模様=立涌や菱形に花束、花折枝を配する)に大別する事が出来ます。このうち風景模様が、後に御所解模様と呼ばれるようになりました。

分類ー風景模様とは


 遠景に松樹、近景に樹幹やなぎさの岩を見せ、芦や菊などの葉を引き立る。筆致は淀みが無く、流麗な線で構成される。格調と日本の文様の特色である文芸的要素を持っています。当時は、公家、大名、武家女性の帷子や小袖意匠であって、御所解模様とは呼ばれていませんでした。又柄の付け方も、職位に応じて差別され、または家々の定制により総文様、中文様、腰文様、裾文様などに分かれていました。

御所解模様の呼び名

 江戸末期に幕名により、諸大名の奥方を本国へ帰すように令が出ました。呉服屋などが非常な打撃を受け、仕入れの品物を見切って市中へ売り出したところ、値段は安いし、品物は市中では目に触れたものでは無かったものですから、我も我もと買い出して、大流行となりました。これを「御殿もの」と呼ばれました。
 その折りに、御殿に勤めた御女中で宿下がりしたものが、不用の小袖をたくさん売り払いました。古着屋では表、裏、綿と別々に売れるものですから、全て解き放ってしまい販売をしました。このように御殿女中の小袖の解いたものということを略して、単に「江戸どき」といって、今日に至っています。
 また、「御所解(ごしょどき)」は、「江戸解(えどどき)」から出来た言葉で御所女中が着た小袖に由来し、明治以降に呼ばれたものと言われています。「御所解模様」という名称が付いた理由は、おそらく文様素材に御所車、几帳(きちょう)、檜扇(ひおうぎ)、冠など公家に関係深いものが多かったためではないかと推察されます。
御所解模様の内容

 今日「御所解模様」とは、風景模様と見られていますが、単なる風景ではなくて、わずかな景物が添えられることにより、平安期以来の伝統を引く文芸的要素を秘めた文様になっています。
 
まず一番多いのが能楽によるもので、次いで「源氏物語」をふまえたものや「伊勢物語」を想起させるもの、歌舞伎狂言によるものなどの内容を持ったものですが、次第にその意義は薄れて、その名残を漂わせるものとなっています。
(右は小紋)
「御所かずき」の由来

 当社の「御所どき」は、そのような意匠を参考にして、現代女性に相応しい格調とお洒落さを合い持つ新しい意匠として「御所かずき」と命名しました。この意味も、昔京都御所の婦人が用いた被衣の一種に由来するものですが、その意義はともあれ、御所模様に新風を吹き込む気持ちを表しております。

(参考資料)
「御所解模様」衣裳〜「春秋御殿御所文様」(江戸後期文化文政1804−1829)
公家や将軍家大名家の姫君や高位の人の振袖と考えられ、王朝を描いた艶やかな四季折々の風景の美しさの中に、永久不変を意味する常磐木に絡みつく藤、右袖の上には葛屋に琴が置かれて、文学的な意味合いの深い構図になっています。
このような資料を踏まえて、「御所かずき」という商品を開発しています。
商品内容 訪問着・付下げ・小紋・留袖