きもの歳時記
Vol.8
七・五・三のお祝い
七・五・三のきもの 八坂神社七・五・三
京都・八坂神社七五三詣
◆11月15日(七五三参り) 

七五三は、男の子が、数え年で3歳と5歳、女の子が、3歳と7歳に、産土神(うぶすなかみ)に詣でて、成長を感謝し、守護を願う行事です。幼児から、一人前の子供として世に認められる節目として、よくお参りする神社、近所の氏神様などにお参りします。親子共々、神官にお祓いをしてもらい、「延寿千歳飴」を買い求めて、晴れ着の記念写真を撮ったりして、家族で祝い、親戚やご近所にお披露目します。もともと、室町時代を起源とする子供の祝い事ですが、現在のような風習は、江戸時代に定まったとされています。七五三は、中国の陰陽道の教えに基づくもので、最も縁起がよいとされる七五三という奇数の数字が、子供の成長の節目にあたるところから、秋の深まった時節に、ひときわ華やかなお祝い事として、定着しました。
11月15日という日は、11月が秋の実りを産土神に感謝する月であるとともに、15日は陰暦で必ず満月に当たることにちなんでいます。神社では長寿にあやかるように、鶴などのめでたい絵柄の長い袋に入れた千歳飴が売られます。

 
 (3歳児)
平安時代に於いて、男女とも生まれて7日目の『お七夜』に産毛を剃り、3歳までは坊主頭でおき、3歳の春から髪をのばし始めました。これが髪置(かみおき)の儀といって、3歳児の祝いの起源となりました。しかし、現在では、男の子は直ぐに5歳を控えているところから、女の子だけがお祝いをすることが多くなりました。

  (5歳児)
現在、男児のみ祝うが、昔は『着袴(ちゃっこ)の儀』といって男女とも祝いました。女児は、三歳から一生髪を伸ばし続けることから、5歳ではお祝いをしなくなり、江戸時代より男児のみが袴を付ける風習となって、現在に至っています。宮中では今も古式にのっとり、礼宮様を碁盤の上に立たせ、袴付の役人が袴の紐を結ぶ儀式がなされます

 (7歳児)
帯解(おびとき)の儀』といい、女の子が成長すると、7歳で付け紐の着物をやめて、初めて成人と同じ帯を着用する「紐解きの祝い」が現在の七つ参りの由来とされています。男の子は、5歳の時に袴着と帯解をまとめてお祝いをする習慣となり、7歳では女の子だけがお祝いをします。

◆3歳、5歳、7歳の装い

 七・五・三の衣裳は、それ自体が子供のものだけに、子供の喜びそうな時代の流れを反映したものもありますが、やはり儀式としての祝儀であるところから、女児は友禅の着物に祝い帯、男児は羽織袴での姿が可愛らしいし、着物になじむ良い機会にもなります。柄は、伝統的な柄が多く、男の子は黒、紺、紫、グリーンなどの地色に鷹や兜、女の子は朱やピンク、黄色、ヒワ色などの地色に、手毬や束ね熨斗、松竹梅、御所車など古典意匠が好まれ、ぼかしや絞りの入ったものも人気があります。

◆衣裳と装い

 (3歳児) 女

三ツ身又は初着の一ツ身を転用し、その上に袖無しの小さな衿の付いた被布(コート)を着せてあげます。それは、正月の晴れ着にも使用します。(長襦袢、祝帯、半襟、しごき、帯じめ、帯あげ、筥筐(キョキョウ)(かご)、りぼん、足袋、ぞうり、バッグ。)

  (5歳児) 男
一般には、宮参りの「のしめ」を転用するのが多く、正式には、紋付きの着物、羽織、袴でりりしく装います。

 (7歳児) 女
華やかな四ツ身、本裁ちに、肩上げや腰上げで調節して着せます。きものの柄は古典調子がよく、帯は尺5分が本式ですが、結び帯でもよく、華やかに結びあげ、しごきをして、はこせこを胸元に入れて、扇子や袋物も添えます。その他は3歳児に準じます。

 付き添いの装い
両親の衣裳は準フォーマルの和装が適しています。父は、紬地の無地、羽織は紬の縫い紋程度。母は、子供と同格で、色無地の着物又は、江戸小紋に羽織あるいは、吉祥文様をあしらった訪問着や付下げ、小紋などが良いでしょう。和装、洋装のいずれにしても第一礼装かそれに準じる装いがふさわしいものです。