紋のあるなし、帯合わせによって着る場所にかなりの幅があり、紬の中でも一番の格になるきもの。
やわらかな多色ぼかしが美しい(胡粉染ぼかし)・色に深みがあり、格調が高い(胡粉三交引染め)