黒と白の墨絵の世界・松田徳通松田徳通・墨絵の世界
 水墨画の歴史は大変古く、中国を発祥にして、日本では宗教を根底に広まってきた極めて東洋的な絵画の分野です。
 めまぐるしく変わる生活様式や、あふれる色彩の中で、モノトーンの世界は現代人にとって、新鮮で心安まり、魅力的なものです。
 墨のにじみ、かすれ、濃淡で繊細に、また大胆に描かれたきものは、まさに墨五彩の言葉のごとく本物のように、また色があるかのように見えます。

 「南画」をベースに現代のきものとして創作された松田徳通ワールドを是非ご覧下さい。

松田 徳通(まつだ のりみち)




昭和21年11月26日 長野県に生まれる
昭和44年 ミレー染織工芸研究所入社
昭和51年 第1回 新人染織展 (奨励賞)
昭和52年 第2回 新人染織展 (佳賞)
平成2年  第12回 日本染織作家展 (文部大臣奨励賞)
平成3年  第46回 新匠工芸展 (新人賞)
平成4年  工房 まつ田 設立
平成4年  琳派展 (日本放送協会賞)
平成9年  第20回 琳派展 (日本伝統染色工芸保存協会賞)
松田徳通が、あなたにふさわしい着物や帯、屏風やランプなどのインテリアに至るまで、創作させていただきます。