松田徳通は、ミレー染色工芸研究所で、阿部正先生の指導の元、墨絵とローケツの手法を習得し、自然の奏でるモノトーンと多彩な色彩の世界とを巧みに使い分けて、双方から、その限りない才能を開花させ、多くのファンの心を捉えています。

ここでは、そのローケツ美の作品一端をご紹介します。

びっしりと木の葉を重ねてゆく構図。ローケツの堰だし技法(模様の廻りを蝋で防染)の染めを何十回とくり返して、深みを加えて行きます。 無地のように見える部分は、細かい蝋のふぶきで深みを出し、裾と袖、胸、肩に細やかな蝋描を詰めた訪問着。


個展で見せる幅の広い作品群


塩瀬の染帯・秋桜


塩瀬の染帯・可憐な水仙