江戸の風情を着るゆかた。藍と白の芸術。

江戸時代に始まり、長板本染中形、江戸中形とも言われ、型付けに長板を使用して、木綿生地の裏表の両面に型を合わせて防染糊を置いて、藍で染め上げた浴衣。

単色で粋な美しさが特徴で、製造過程の技術者は、江戸小紋を染める倍以上の手間が掛かり、普段着としては最高峰のものである。

昭和30年に重要無形文化財に指定され、こうした伝統技術は、希少ながら今も作られています。

きもの通に向けて、浴衣の本道を着て頂きたい。


多彩な柄が揃っています。
高橋常兵衛の制作による江戸浴衣を特別頒布します。(限定)
高橋常兵衛は、江戸〜明治の貴重な古代型を復刻・再現しました。
1918年生まれ、東京都伝統工芸技術保存連合会員。
長板柄番#6 長板柄番#20 長板柄番#2 長板柄番#22
絞り浴衣も、好評のゆかたバリュエーション。限定生産で好評。
  ゆかたTOP トキワTOP