きもの歳時記
Vol.4
五節句の一つ。
端午の節句マスコット 四季風俗絵巻・端午の節句
「四季風俗絵巻」(部分)江戸時代元禄期
5月5日は、五節句の一つ。端午とは、月の端(はじめ)の午(ウマ)の日を指したが、午と五がすり替わって、五月五日を「端午」と言うようになりました。もともとの由来は中国で、湖南省を流れる泪羅江(べきらこう)に投身した詩人屈源を、五月上午の命日に弔ったのが行事の起源と言われ、平安朝以来、日本でも宮廷で中国に習い、菖蒲を天皇に献上し、臣下には薬玉を賜って、万病を癒し、邪気を払う行事が行われるようになりました。武士の世になるにつれて、菖蒲の音(おん)が「尚武」と結びつき、男の子のたくましい気迫を培う日に変わってゆきました。男の子が生まれると、5月5日を初節句として、内飾りや鯉のぼりを贈って祝う習慣が今日残っています。子の健やかな成長を願う親の心は、古来変わることなく、菖蒲やよもぎを軒に挿し、甲冑や武者人形を飾り、ちまきや柏餅を食べて、成長を祝います。
端午の節句・染帯 染名古屋帯
太鼓柄に鯉のぼり兜をデザイン化しました。また、牡丹の小紋や菖蒲の付下げなど節句の時期にちなんで意
匠化しています。
端午の節句・染帯
端午の節句・染帯 端午の節句・小紋・付下げ
季節季節にふさわしい催事をして行くためにも、桜の季節が過ぎてすぐに小さなコーナーにて、まとめていただくのも一案です。